HOME>記事一覧>入稿をすることでデザインについて細かい要求をすることが可能

印刷方法や納期により費用は異なる

フライヤー

パッケージデザインというのは、入稿の時期、そして納期によって費用は大きく異なります。近頃はハガキやフライヤーの印刷の依頼が増えていて、特に年末年始というのは消費につながる時期でもあるため、業者への依頼も急増します。デザインに関しては、依頼者側が細かく指定することができ、圧着ハガキというスタイルも選ぶことができるようになっています。部数が多くなるほど、ハガキ1枚あたりの費用は安くなるため、大口での注文のほうが有利になります。さらに、納期を早めたいなどの注文にも柔軟に業者は対応します。

企業側の手間を最大限に省ける

ハガキやフライヤーの印刷というのは、企業の販促やキャンペーンなどに幅広く用いられています。ただ、この販促のためのはがきの作成を企業が行うのではなく、業者に下請けに出すことで手間を省き、コストを抑えることに繋がります。パッケージデザインや、フライヤーのデザインというのは企業側が指定することができます。企業はDMを一度に発送するため、そうした時にははがき印刷の下請け業者をしばしば利用するのです。近頃はカラー印刷が定番になりましたが、細部まできれいに印刷がされているので高い評価を受けています。

広告募集中