HOME>アーカイブ>好まれる商品作りのためのパッケージを考える

消費者がまず目にするもの

フライヤー

消費者が何らかの商品を選ぼうとする場合、はじめに目にするものがそのパッケージです。食品などパッケージの中に入っているものは、実際に中身を見ることが出来ないことも多く、パッケージだけで商品を選んでいくことになります。そのため、商品を購入してもらう動機として特にパッケージの良しあしという事は重要なポイントとなっています。そのため、パッケージを魅力的なものとしておくには売上などに大きな影響を与えていくことになるのです。商品自体の開発はもちろん重要なことではありますが、それと同時にパッケージデザインにも気を配って作っていくということが重要です。デザインだけではなく必要な情報を盛り込むという事も大切になってきます。

美しいパッケージは目につきやすい

フライヤー

パッケージ自体の美しさが目を引きやすいということがあります。色遣いなどによっても印象が大きく異なってきますので、そういった部分を良くチェックしてみましょう。特に食品などでは食欲につながりやすい赤などの暖色系が人気となってきています。また、物を購入して家に置いておくときに、他の容器に移し替えることなくそのまま置いておけるおしゃれなパッケージデザインのものは最近特に人気を集めてきているのです。

再利用できるという事もポイント

ノベルティ

パッケージデザインを考えるときに、再利用が出来るかどうかという事も重要なポイントとなってきます。手作りの素材などとして利用する方もいますし、そのまま容器として別のものに使う方も出てきます。また、リサイクルなどに出す場合も、最近は分別が厳しくなっているので、分別しやすい素材や表示など何らかの工夫があるという事も重要です。こうした要件を満たしているようなパッケージは人気が出やすくなっています。

広告募集中